コストアプローチとは

事業承継の基礎知識

コストアプローチとは

コストアプローチは、企業の純資産価値に着目した評価方法であることから「純資産法」とも呼ばれ、

会社の資産から負債を控除した純資産額をベースに評価する方法です。

会社の正味財産である純資産という意味から、中小企業のオーナーには馴染みやすく、採用されることも多いです。

 

コストアプローチには、簿価純資産をベースにする方法や、時価純資産をベースにする方法、純資産価額法に営業権(のれん)を加味した方法があります。

 

中でも多く採用されるのが、

「時価純資産価額 + 営業権(のれん)」法です。

 

中小企業の多くは、帳簿上の資産・負債を取得時点での評価のまま計上されていることがみうけられるため、

より評価時点での経済実態を表すため、資産・負債の各項目を精査し再評価します。これを時価純資産価額法といいます。

 

簿価純資産価額法

帳簿上の資産から負債を差し引て株主持分を評価する方法です。

簿価純資産価額法は計算方法として極めて容易な方法ですが、

一般的に取得原価主義に基づき、帳簿上記載されている資産・負債の評価額は、現時点の価値を表示しているとは言い難いため、

株式売買取引目的で株式価値を評価する局面で直接利用されることは多くなく、重要性の小さな子会社株式の評価などで利用されています。

 

時価純資産価額法

企業の資産・負債を時価評価して差額の時価純資産価額を株主持分として評価する方法です。

時価純資産価額法による評価は、簿価純資産価額法よりも真の経済状態を表しているといえますが、評価には一定の作業が必要になってきます。

 

時価純資産価額法+営業権法

時価純資産に、会社の超過収益力である営業権を考慮することにより、

単なる生産価値あるいは再調達価値のみならず、将来の企業価値を加味した継続企業価値を表す方法です。

 

 

営業権(のれん)は企業の将来価値を評価する上でとても重要な部分ですが、評価方法や考え方も様々です。

営業権の評価方法の一つとして、企業の過去の収益性から超過収益力を算定し営業権とする方法があります。

 

時価評価した純資産額に営業権を加味することで、

単なる清算価値あるいは再調達価値ではなく、

将来の企業価値を加味した継続企業価値を表すことができます。

 

無料相談受付中、お気軽にお問い合わせください フリーダイヤル:0120-37-4086(みんなフォーバル) 受付時間9:00?18:00(土日祝日を除く)

  • お問い合わせフォームはこちら
  • 秘密厳守
ページの一番上へ