M&Aの流れ

事業承継の基礎知識

M&Aの流れ

M&Aは通常下図のような流れで進めていきます。

 

M&Aの進め方 イメージ

 

①事前面談・準備

 初回の面談で譲渡ご検討の経緯等をヒアリングさせていただきその後の面談で守秘義務契約を交わしたのち、

 決算書などのデータを受領、弊社で企業の分析をおこないます。

 決算書は3期分あれば十分です。

 そして先へ進める場合、この時点で提携仲介契約(弊社との仲介契約)を締結いただきます。

 

➁譲受候補先の発掘

 譲受候補先をリストアップし、譲渡先と打合せを行い打診候補先の絞り込みを行います。

 譲渡先が決めた優先順位に基づき、まずはノンネームシート(企業が特定されないように名前や詳細情報を伏せたA4用紙一枚ほどのシート)で譲受先に打診を行います。

 譲受先が関心を示せば、秘密保持契約を締結のうえ、企業概要書と呼ばれる企業の具体的な名前や事業内容等がわかる数十ページのレポートをもとにPRを行います。

 

③条件提示

 譲受候補先からM&Aに向けた条件を提示してもらい、譲渡先とすり合わせ・整理を行い、双方と交渉を行います。

 ある程度まとまった段階で、実際に経営者同士が会い、面談を行います(トップ面談)

 

④基本合意

 トップ面談後、お互いの感触がよければ、譲渡に向けたスケジュールの調整を行い、基本合意契約を締結します。

 

⑤デューデリジェンス(DD)

 基本合意後、譲受企業(またはその会計士や弁護士)によるデューデリジェンスを行い、確認を行います。

 デューデリジェンスとは、譲受企業がM&Aの取引において相手方の瑕疵や簿外債務がないかなど、

 株式譲受に際して生じうるリスクを回避するために譲渡対象企業の資産価値を適正に評価するとともに不動産、金融商品など資産の調査活動をすることを指します。

 その結果を受け、問題がなければ各種調整を行い、最終契約への準備を行います。

 

⑥最終契約

 最終契約の調印、代金決済、従業員や関係先への報告などを行います。

 

 

 

まとめ

このように、M&Aには多くの工程があり、①~⑥まででおおよそ一般的には9か月かかると言われています。

譲受企業がなかなか見つからない場合は1年~2年かかることもあります。

3ヶ月等短期間で決まればラッキーですが、平均9ヶ月かかることを考えると、スケジュールが後ろ倒しになるリスクを考えてプランを作成するのが肝要といえます。

 

時間はかかりますが、一つの大きな区切りを迎えるに企業のために、

フォーバルでは、精一杯、助言や相手探しを行い、買ってもらえてよかった、買ってよかったと言われるM&Aの支援を行っております。

無料相談受付中、お気軽にお問い合わせください フリーダイヤル:0120-37-4086(みんなフォーバル) 受付時間9:00?18:00(土日祝日を除く)

  • お問い合わせフォームはこちら
  • 秘密厳守
ページの一番上へ