不動産業界の市場動向

事業承継の基礎知識

不動産業界の市場動向

M&Aが盛んに行われている業界として、不動産業界が挙げられることも多いですが、
不動産業界とひとことで言っても、
不動産仲介を行う会社やビルメンテナンスやマンション管理行う会社、
他にも戸建て分譲やマンションデベロッパー、建築関連会社なども含めると、その種類は様々あります。
 

これらのうち、特にM&Aで人気の高い、つまり譲り受けたい企業の多い分野としてあげられるのが、
「ビルメンテナンス会社」「マンション管理会社」です。
 
 

 
その理由として、ビルメンテナンス事業においては、
1. 経済状況に左右されづらく安定収益をあげ易いこと
2. 規模の経済を働かせやすいこと
などがあります。                               
 
ビルメンテナンス事業のM&Aでポイントとなる点としては、従業員数(有資格者を含む)です。
 

昨今ではどの業界であっても同じかとは思いますが、
特にビルメンテナンス業界においても人材確保が大きな課題となっているため、
M&Aによる人材獲得を検討される企業も少なくありません。
 

また、マンション管理事業においては、
ストック型のビジネスで収支計画が立てやすく、安定収入を確保できるといった点が魅力となり、
比較的規模が小さな企業であっても、譲り受けたい企業が多い状況となっています。
 

何よりマンション管理事業において売上を拡大させるということは、管理戸数を増やすということですが、
既に別の会社で管理している物件の管理を自社に変更してもらうことは簡単ではありませんし、
新築物件の管理を受託するにも数が限られ、時間もかかるためM&Aが有効であると考えられています。
 

どの業界にも言えることではありますが、M&Aのマッチングを成功させるためには、
マクロな視点でその業界の課題や魅力を理解した上で、
譲受企業側の目線での譲渡企業が持つ独自の魅力と、それを最大限に活かせる譲受候補先を見つけることがポイントとなります。                                                                                                     

無料相談受付中、お気軽にお問い合わせください フリーダイヤル:0120-37-4086(みんなフォーバル) 受付時間9:00?18:00(土日祝日を除く)

  • お問い合わせフォームはこちら
  • 秘密厳守
ページの一番上へ