事業承継コラム

中小企業の抱える課題・今後の在り方について、実務を通じて感じることなど

2017年6月12日

事業承継の準備状況は大丈夫ですか?   実は後継者を決定しても承継の準備が不十分であったり、何もしていないという企業の合計が約8割あるといわれます。 ある程度早い時期に後継者が決定されたとしても、必ずしも十分な準備が行われていないというのです。 続きを読む...

後継者の選び方と教育について

2017年5月30日

育成に必要な機関について「約5年」「5年~10年」と答えた経営者は5割以上に上るそうですが、 そもそも後継者を決める際には、次期経営者として資質のある人を選ぶ必要があります。 続きを読む...

零細企業のM&Aについて

2017年5月19日

本日は中小“零細”企業の事業承継・M&Aについて、実務を通じて感じることを書きたいと思います。   法人数+小規模事業者数は 続きを読む...

M&Aで大切なこと

2017年5月9日

M&Aを行ったことがある方であれば、実施の際にはよく考えたことと思います。   売上や利益の拡大なのか、自社の弱点を補いたいのか、 既存事業との親和性が高く、より効率的なビジネスになるからなのか、 続きを読む...

会社存続の意味

2017年4月24日

規制の緩和やインターネットの普及により、資金が無くとも誰でも容易に会社を設立できる時代になり、学生含む若者達までも起業を就職の際の一つの選択肢として考えられるようにまでなってきました。 中小企業庁のデータによると、2014年までの5年間に開業した数は66万者です。 ところが全体の企業数がその分増えているのかというと、その反対に36万者減っているとのことです。 続きを読む...

【セミナー告知】2017/6/9(金)@東京~企業が成長し継続する極意とは~

2017年4月25日

※本セミナーは参加無料となりますため先着順で申し込みを締め切る場合がありますのでご了承ください※ 技術革新・グローバル化の変化で、いつまでも今のポジションにいられる保証がない時代 「これから自分の会社はどうなるのか…?」「東京五輪が終わった後が心配…」等、 先行きの不安を感じている中小零細企業の経営者様の声をとても多く聞くようになってきました。 また、最近世間で耳にする「事業承継・M&A」に関する相談も、ここ1~2年が急増しております。 このような状況に対して、今後、中小零細企業はどのようなことを意識し行動していくことが求められるのでしょうか? 続きを読む...

事業承継2017年問題

2017年4月5日

コンサルタントのMです。 事業承継の2017年問題 2017年は、人口の多い団塊世代(1947年~1949年生まれ)が70歳になる時期です。 団塊世代が退職を迎えるときは一斉退職するから人手不足になるのではないか? そのため、生産人口の減少するのではないか?と心配されました。 これからは、企業の経営者層の動向に多くの影響が及ぶと考えられます。 続きを読む...

事業譲渡について

2017年3月20日

今回は、M&Aにおいてよく利用される手法である「事業譲渡」についてお話しさせて頂きます。 事業譲渡では、法人の営む事業を全て譲渡するのではなく、その一部の事業を譲渡することができるため、 譲渡企業にとっては、売却したい事業のみ売却でき、事業の選択と集中ができる。 譲受企業にとっては、簿外債務や偶発債務のリスク負担がないといったメリットがあります。 続きを読む...

株式会社以外でも譲渡・譲受は可能です

2017年2月24日

はじめまして。M&A事業承継支援担当のYです。 当社では経営全般に関するお悩みについて定期的にお伺いしてご相談を承り、社内で専門知識や経験を持ったスタッフが回答を作成しお答えする『よろず経営相談』のご契約を頂いている企業様が約2万社いらっしゃいます。 続きを読む...

国内企業の2/3は後継者不在

2017年2月6日

創業、事業承継コンサルタントのSです。 帝国データバンク調査(2011年)によると、全国・全業種約40万社のうち、約66%にあたる27万社が後継者不在であり、国内企業の2/3は現時点で後継者が決まっていないという実態が明らかになっています。 続きを読む...

お電話でのお問い合わせは、フリーダイヤル:0120-37-4086(みんなフォーバル) 受付時間9:00〜18:00(土日祝日を除く)

  • 簡易株価無料診断
  • M&Aニーズ登録
  • メールでのお問い合わせはこちら
ページの一番上へ