事業承継コラム

M&Aの手法について

M&AとはMergers(合併) and Acquisitions(買収)の頭文字です。

企業合併や買収のみではなく、企業間の提携までを指すこともあります。

 

M&Aは譲渡企業や譲受企業のニーズや目的に応じて様々な手法が選択されます。中でも、中小企業のM&Aの場合には株式譲渡と事業譲渡が選択されることが多いです。

 

選択される理由としては、「手続きが簡易である」、「売却対価として現金を受け取れること」などが挙げられます。

株式譲渡によるM&Aは、譲渡企業の株主が、譲受企業に株式を売却する方法です。

メリットとしては、オーナーは、創業者利益として現金を得ることができます。

また、法的手続きが簡単です。

買収後も売り手企業は別法人として存続しますので、早急に経営統合を行うなどの必要はありません。

デメリットとしては、会社を丸ごと引き継ぐため、資産だけでなく、負債も併せて引き継ぐことになります。

 

一方、事業譲渡によるM&Aとは、譲渡企業の資産を譲受企業が現金で買い取る方法を指します。

買収の対価は、企業に対して支払われることになります。

そのため、譲渡企業の株主は直接的には現金を手にすることはできませんのが特徴になります。

メリットとしては、必要な資産を選んで買収できるので、不要な資産を抱え込む必要がありません。

簿外債務を引き継いでしまう危険がありません。

デメリットとしては、譲渡対象となる財産の移転手続きが複雑で時間と手間がかかる場合があります。

 

それぞれのケースによってどちらを選ぶ方がよいのかが変わってきます。

また、税務面でも変わってくるので必ず専門家と一緒にどちらのスキームを選択するのかを検討してすすめることが重要です。

 

>一覧に戻る






貴社に合った事業承継方法が30秒でわかる!診断チャート

お電話でのお問い合わせは、フリーダイヤル:0120-37-4086(みんなフォーバル) 受付時間9:00018:00(土日祝日を除く)

  • 簡易株価無料診断
  • M&Aニーズ登録
  • メールでのお問い合わせはこちら
ページの一番上へ

お気軽に共有お願いします