事業承継コラム

企業評価①:全体像とコストアプローチ

企業価値とは何でしょうか?

 

企業を評価するときに、例えばその企業の持つ資産や商品ブランドの価値、人材や保有技術の価値やビジネスモデルの価値などを挙げる場合がありますが、企業を評価する上で絶対的な方法は、実はありません。

評価をする目的に応じて、評価対象の企業の業態や特性、外部環境などを総合的にみながら適切な方法を選択し、又はいくつかの方法を組み合わせて評価することになります。

 

M&Aにおいて代表的な評価方法は、次の3つに大きく分類されます。

 

  1. 企業の純資産価値に着目した評価方法(コストアプローチ)
  2. 株式市場における株価に着目した評価方法(マーケットアプローチ)
  3. 企業の収益価値に着目した評価方法(インカムアプローチ)

 

今回は、1の企業の純資産価値に着目した評価方法(コストアプローチ)についてお話させていただきます。

 

コストアプローチは純資産法とも呼ばれ、会社の資産から負債を控除した純資産額をベースに評価する方法です。

会社の正味財産である純資産という意味から、中小企業のオーナーには馴染みやすく、採用されることも多いです。

 

コストアプローチには、簿価純資産をベースにする方法や、時価純資産をベースにする方法、純資産価額法に営業権(のれん)を加味した方法があります。中でも多く採用されるのが、

 

「時価純資産価額 + 営業権(のれん)」法

 

です。

 

中小企業の多くは、帳簿上の資産・負債を取得時点での評価のまま計上されていることがみうけられるため、

より評価時点での経済実態を表すため、資産・負債の各項目を精査し再評価します。これを時価純資産価額法といいます。

 

営業権(のれん)は企業の将来価値を評価する上でとても重要な部分ですが、評価方法や考え方も様々です。

営業権の評価方法の一つとして、企業の過去の収益性から超過収益力を算定し営業権とする方法があります。

 

時価評価した純資産額に営業権を加味することで、単なる清算価値あるいは再調達価値ではなく、将来の企業価値を加味した継続企業価値を表すことができます。

 

>一覧に戻る




貴社に合った事業承継方法が30秒でわかる!診断チャート

お電話でのお問い合わせは、フリーダイヤル:0120-37-4086(みんなフォーバル) 受付時間9:00〜18:00(土日祝日を除く)

  • 簡易株価無料診断
  • M&Aニーズ登録
  • メールでのお問い合わせはこちら
ページの一番上へ