事業承継コラム

事業承継の手法

2006年に約420万者あった我が国の中小企業数は、2014年に約380万者まで減少しており、

また2015年から2020年までに新たに約30万人の経営者が70歳に達する見込みであるなど、存続に向けて多くの課題を有しています。

 後継者不足などを理由に廃業を選択する方も多くいますが、取引先へ事業中止の説明を要すること、全従業員の解雇や再就職先の紹介などのデメリットがあります。

 また、日本全体を見ても、雇用の維持、技術ノウハウの喪失、地域経済への悪影響など、懸念事項が存在しています。

 

 

 清算・廃業も含め、事業承継には、4つの手法があると言われています。

 

今回は、①親族への承継、②従業員への承継、③M&Aについてメリット・デメリットを整理し、少しでも多くの雇用・技術ノウハウの維持のため、お役立ていただければと思います。

 

 

  • 親族への承継

 

(メリット)

・オーナー家としての地位の継承

・業務を円滑に承継できる

 

(デメリット)

・個人保証などリスクを引き継ぐ

・経営者としての能力に不安が残る

 

  • 従業員への承継

 

(メリット)

・業務を円滑に承継できる

 

(デメリット)

・株式の買取資金が必要

・経営者としての能力に不安が残る

 

  • M&A

 

(メリット)

・創業者利潤最大化

・個人保証免除

・後継者問題の解決

・より強い事業基盤での成長

・従業員の安定継続雇用

 

(デメリット)

・株主でなくなる

・株式譲渡後も相応の引継期間が必要

 

 

 

なお、昨今、後継者問題解決や強い事業基盤での成長を目的に、M&Aなど親族外承継の割合が拡大しているなど、企業存続のあり方は様々な可能性で検討されています。

 

気になるお話等あればお気軽にご相談ください。

ご連絡をお待ちしております。

>一覧に戻る




貴社に合った事業承継方法が30秒でわかる!診断チャート

お電話でのお問い合わせは、フリーダイヤル:0120-37-4086(みんなフォーバル) 受付時間9:00〜18:00(土日祝日を除く)

  • 簡易株価無料診断
  • M&Aニーズ登録
  • メールでのお問い合わせはこちら
ページの一番上へ