事業承継コラム

事業承継(親族内承継)の留意点について

こんにちは、事業承継支援部のTです。

今回は親族内承継における留意点ということで、

まず初めにお伝えしたいのは、「事業承継には時間がかかる」ということです。

                                                                  もちろん不測の事態によって急に事業承継をしなければならないこともありますし、

短期間での事業承継が不可能ということではありませんが、

数年かけて環境を整え、ふさわしいタイミングが来た時に承継することが、事業承継を成功させる大きなポイントです。 

                                                                                                      それでは、具体的にどれだけの時間が必要かといいますと、

最低でも5年、できれば10年くらいの時間をかけて準備をするべきだと考えます。

 

                                                                そもそも事業承継では、

①会社の経営

②株式の所有

2つを確実に後継者に譲る必要がありますが、

一般的にはまず後継者に社長の椅子を譲り、自らは会長として見守りながら、

しかるべきタイミングで株式を売却・贈与して、所有の椅子を渡すといった流れとなります。

 

ただし、この順序もケースバイケースで、経営と所有を同時に譲っても良いですし、

株式を少しずつ渡しながら社長の椅子を譲るような場合もあります。

 

実は、事業承継で気を付けなければいけないのは、経営を譲るタイミングではなく、株式を譲るタイミングです。 

                                                                   社長の椅子というのは先代社長の一存でいつでも譲れますが、

株式の方はというと、会社の業績の良い時には株価も高くなり、相続税が払えなくなります。

 

そのため、業績が少し落ちたあたりで株式評価も落ち着いた時期に株式を譲り渡すのが良いのですが、

それがいつになるのか事前に分からないことが多く、その時に備えて事前に環境を整えておく必要があるのです

 

但し、上記のような準備を進めるには、当然ながら後継者自身にその意思と能力があることが前提です。                                                                最近では、社長自身は子供に承継することを考えていたが、子供にはその意思がなかった。

または、よく考えた結果、必ずしも子供に承継することが本人の為ではないと判断される社長様も多くいらっしゃいます。

 

その場合は、当社にて親族内承継以外の事業承継に関する様々なアドバイスやサービスも行っておりますので、是非お気軽にご相談ください。

 

>一覧に戻る






貴社に合った事業承継方法が30秒でわかる!診断チャート

お電話でのお問い合わせは、フリーダイヤル:0120-37-4086(みんなフォーバル) 受付時間9:00018:00(土日祝日を除く)

  • 簡易株価無料診断
  • M&Aニーズ登録
  • メールでのお問い合わせはこちら
ページの一番上へ

お気軽に共有お願いします