事例紹介

お互いの希望と幸せが叶うM&Aでなければ、意味がない
T社 代表取締役 S様 × T社 代表取締役 A様
  • T社 代表取締役 S様
  • 東京都 システム企画・システムコンサルティング
  • T社 代表取締役 A様
  • 東京都 システム受託開発
1. 今回、T社を譲り受けようと考えられた経緯やきっかけを教えてください。
1. 今回、T社を譲り受けようと考えられた経緯やきっかけを教えてください。

A氏:当社は昨年システム構築にあたっての上流工程業務要員を育成・強化して、同事業領域の拡大を計っていく為、コンサルティング推進室を組織化しました。こんな状況の中で今回の案件は当社が推し進めていこうとする事業の方向性にまさに合致した案件であり、お話を進めさせて頂きました。

2. S様は、どのような想いや動機で譲渡を検討されたのでしょうか。
2. S様は、どのような想いや動機で譲渡を検討されたのでしょうか。

S氏:今回のお話しを進める以前から、継続してお取引を頂いているお客様がいるのですが、請負で業務を受注するペースに波がありました。また、とても大きなお客様なので、請け負う業務にも、それなりに多くの工数が必要でしたが、どうしてもマンパワー不足や規模の問題等から、受けることができる業務も限られておりました。そこで、受注できる業務が偏ることなく、安定的に対応するには、組織に入って業務をまわしていくことだと思いました。複数人で行うことで、他のことにも着手ができますし、より幅が広い業務を請け負うことも可能になると考えました。

3. なるほど。お互いに将来や現状の事業内容を鑑みて、強化・改善したい点を求めていらっしゃった、そこにM&Aがあったのですね。今回のM&Aについて率直なご感想や考えを教えてください。

A氏:先ほども申したように、まさに当社の強化したい事業を譲り受けることができたので、非常に意味のあるM&Aでした。会社の将来の方向性や方針について合致していた今回のM&Aは、今後の当社の事業拡大において大きな一歩となると思います。社員のモチベーションアップにもつながりますし、とても刺激になっているようです。

4. M&Aを振り返ってみて、ポイントだった点や感じたことなどを率直に教えて頂けますでしょうか。

A氏:相手のことをもっと深く知れる機会を与えてくれると嬉しいと思いますね。M&Aはビジネスであるのは分かっていますが、結局のところ、最終判断は人間性で決めるものです。お酒を飲み交わしたり、深い話し合いをもったうえで決めていける機会が増えると嬉しいと思いますね。

T氏:今、社長がお話しされたことに同意です。
本音で話し合って、本当にこの会社で良いのかどうか、他の選択肢も考えた方が良いのかどうか、相手ともっと腹を割って話せる機会があればいいなと感じています。ピースが合わないようであれば、お互いが不幸になってしまうだけですからね。堅い話というより、フランクに話し合える環境を作ってもらえるとあり難いです。

5. ありがとうございました。それでは、最後にお二人から、今後の抱負を頂けますでしょうか。

A氏:やはり会社を大きくしていきたいという思いがあり、将来、上場に向けた未来を描いていきたいと思います。もっと上流工程を強化し、コンサルティング部門を強化していくのが、これからの目標であります。
今回はその第一歩です。社員からも今回のM&Aをきっかけに会社が変革していく中で、社員の意見や考えを発信してもらい、それを受け入れられる体制・仕組みを作っていきたいと思います。

S氏:T社では、下請け派遣型の業務が多く上流工程を任されることが少なかったため、今後は直請けで上流まで引き受けられる仕組みを作っていきたいと思います。上流工程に携わりたいと思っている若手社員は多いので、そのために受け皿を広げたり、当社だけで上流から開発・保守に至るすべての工程を請け負えるようになりたいですね。それができるようなトリガーに私はなりたいと考えています。

 

お二方、本日は貴重なお時間をいただき、どうも有難うございました。

2017/03/31 インタビュアー 宇津木 領

2017/03/31 インタビュアー 宇津木 領

お電話でのお問い合わせは、フリーダイヤル:0120-37-4086(みんなフォーバル) 受付時間9:00〜18:00(土日祝日を除く)

  • 簡易株価無料診断
  • M&Aニーズ登録
  • メールでのお問い合わせはこちら
ページの一番上へ