Yuya Kosuda 小須田 優弥 事業承継支援部 担当課長

「君にしか頼めない」そう言ってもらえる
M&Aアドバイザーを目指して。

海上自衛隊でイージス艦に乗艦し、潜水員として海に潜っていた特殊な環境から、住宅リフォーム営業会社の立ち上げ、ファイナンシャルコンサルティング会社の立ち上げ等主にベンチャービジネスに参画し、2017年6月にフォーバルに入社しました。

M&Aにおいては、前職時代後継者のいなかった企業の譲受側として資金調達、事業再生等のプロジェクトに携わったこともあります。

「後継者不在で困っている企業があれば例えどんな小規模事業者でも救っていく。そこにフォーバルは挑戦する。」
そんな熱い想いに惹かれ入社を決意しました。

「君にしか頼めない」そう言ってもらえるM&Aアドバイザーを目指して。

毎日経営者と会うことで
沢山の学びと刺激をもらえる

お客様から事業承継相談、M&Aに関する相談を受け、企業先へ訪問、ニーズヒアリングをおこない問題の可視化およびソリューションの提案をしています。

経営者は目上の方が圧倒的に多く、人生経験も社会経験も豊富です。企業の経営相談に乗らせてもらうことはアドバイザー自身にとっても成長できる環境を与えてもらえます。

毎日経営者と会うことで沢山の学びと刺激をもらえる

1企業1担当者。
任せられる責任と使命感。

アドバイザーにとって担当する企業は1社や2社ではありませんが、
お客様にとっては自社1社しかありません。

経営者は事業承継を実施するうえで、第三者への譲渡となると承継におけるプロセスの最後まで従業員にも話さないのが一般的です。
その間、経営者と二人三脚で打ち合わせを何度も繰り返します。
企業の存続に貢献することは企業の従業員およびその家族を守ることにつながります。

承継プロジェクトを任せられる責任は重いですが、それ以上の使命感とやりがいをもって取り組んでいけます。

Message

意欲さえあればいくらでも成長できる環境があります。
ぜひ一緒にやっていきましょう!

1企業1担当者。任せられる責任と使命感。