Tomohiro Matsukawa 松川 智大 事業承継支援部 担当課長

「社長の思いの詰まった会社を存続させ
たい」と思ったから

2003年にフォーバルに入社しました。その後、経営支援事業立ち上げメンバーとして、中小零細企業に対する経営サポートを行ってきました。
業務効率改善やリスク回避といったお客様のオフィス環境をコンサルティングしていく業務は、社長や従業員の方々に新しい働き方を提供することができ、やりがいにつながっていました。

そんな中、長くお取引させていただいていたクライアント企業の社長から、「自身の体調不良により会社を廃業させることにした」と連絡をいただきました。
その際に、社長の生い立ちや、企業の苦労や成功話等を伺いながら、廃業以外の選択肢も用意することができたのではと思ったのです。
しかし当時の私は、その手段を持ち合わせておらず、ずっともやもやしていたのですが、事業承継支援部の設立の話を聞き、入部を決意しました。

理由は一言で言うと「社長の思いの詰まった会社を存続させたい」と思ったからです。会社の大きさや売上の規模等で中小零細企業とひとくくりにされがちですが、会社の良さや事業の良さは一社ごとに違います。
お客様がこれまで培ってきた様々な財産(人・物・金・知的資産)を次につなげることが、この仕事の重要なポイントであると考えています。

「社長の思いの詰まった会社を存続させたい」と思ったから

経営相談も、事業承継という切り口で
解決できないかアドバイスをする。

お客様や当社社員に対して、事業承継支援の必要性を啓発する活動を行っています。
啓発活動の多くは、事業承継支援を必要としているお客様への同行訪問です。

事業承継の相談は、お客様の相談窓口である企業経営支援相談担当者を通じてお受けすることがほとんどです。
事前に当社の担当者が作成したヒアリングシートをもとに、具体的な事業承継の計画策定やお相手探しを行っています。

また、事業承継にまつわるものだけでなく、「売上拡大を図りたい」「効率的な人材採用を行いたい」等、経営コンサルティングに近い相談をお受けすることもあります。その場合にも、事業承継という切り口で解決できないかを模索しながらアドバイスを行っています。

さらに、社内報でM&Aの事例共有や、これから想定される事業承継事情等もレポートとして発信しています。

経営相談も、事業承継という切り口で解決できないかアドバイスをする。

プレッシャーは期待の表れ、
日々自分自身を磨いていかなければ。

やりがいはお客様から心からの『ありがとう』という言葉をいただけたことです。事業承継にとって必要な要素を把握・分析した上で計画し実行していくことは、お客様だけではなかなか難しいのが現状です。
計画立案の際、お客様に事業の始まりや会社を企業した思い等をインタビューさせていただくのですが、中には創業当時の熱い思いを思い出し、まだまだ頑張る、頑張りたくなってきたと仰る経営者の方も多数いらっしゃいます。(笑)

そうした方々の思いを受け止めつつ、最もふさわしい後継者を探すことは、やりがいも感じる反面で責任、プレッシャーももちろん感じます。
しかし、プレッシャーは期待の表れだと思いますので、日々自分自身を磨いていかなければと思っています。

将来はお客様から「フォーバルの事業承継支援部に任せれば安心できる」と思っていただきたい――。そのための知識習得や自己研鑽に励んでいきたいです。

Message

事業承継支援には幅広い知識経験が必要ですが、その分他の仕事では得られないやりがいや達成感があります。
培った知識やノウハウを活かして、一社でも多く事業承継支援を必要としているお客様へ活動をしていきましょう。

常に新しい知識を取り入れ自分を成長させていくことができる。