Kenichi Yamada 山田 健一 事業承継支援部 部長

中小企業を救えると確信し、
フォーバルの事業承継支援事業立ち上げに参画

以前は、国内大手EC会社にてマーケティングを担当していました。その後、M&Aアドバイザーとして、大手M&Aアドバイザリー会社で上場企業の経営戦略立案や数多くのM&Aの実行支援に携わっていました。

そんな中、お客様から日々多数の後継者不在・先行き不安等のお悩みを聞いているにも関わらず、有効な支援ができていないフォーバルの現状を知りました。

日本の企業の99%以上は中小・小規模企業です。その中の大半が売上3億円以下の小規模企業であるにも関わらず、事業承継支援を全国展開している民間会社がない現状を何とかしたいとの思いをずっと持っていました。そこで、M&A事業承継をお手伝いすることで、小規模企業を救えると確信し、フォーバルの事業承継M&A支援の事業立ち上げに参画することにしたのです。

小規模企業を救えると確信し、フォーバルのM&A支援事業立ち上げに参画。

約2万社の中小・小規模企業様との
ご縁・つながりを保ち続けられるように。

すでに当社には、経営相談契約をいただいている中小・小規模企業様が約2万社いらっしゃいます。その企業様と当社とのつながりを、20年先、30年先でも保ち続けられるよう、経営支援・事業承継支援を行っています。

具体的には、後継者不在等で先行き不安を感じる経営者の方にお会いして、どのようにこの時代を生き残っていくか、従業員の皆様や取引先の方々にどのように夢や希望を感じてもらうか、経営者ご自身の終活をどのように進めるべきか等の課題に対して、事業承継・M&Aという形でご提案、実行支援をしています。また、お客様のご希望に応じてM&Aによる成長戦略立案やアドバイザリー業務、直接投資によるハンズオン支援も行っています。

今後は、『中小・小規模企業を何とかして存続成長させたい!』という熱い気持ちを持った方々と共に事業拡大できるようなネットワーク構築も検討しています。

約2万社の中小・小規模企業様とのご縁・つながりを保ち続けられるように。

全員の気持ちが通じ合った瞬間、
達成感とやりがいを感じます。

当部門は、『一社でも多くの中小・小規模企業の存続と成長に貢献すること』をミッションに動いています。事業承継やM&Aの話がまとまって、お客様や従業員様から感謝の言葉をいただけたときに、この仕事をやっていてよかったと実感できます。

一方で、この事業に関しては通常であれば支援が難しい財務状況の企業でも、存続させる意義と経営者の強い意志があれば支援決定できる、いい意味で人間味にあふれた事業だと考えています。時にはハードネゴシエーションが発生することもありますが、相手の立場に立ってしっかり考え行動すれば、全員の気持ちが通じ合う瞬間があり、達成感とやりがいを感じます。

さらに、決められたことだけを行うのではなく、部署内の風通しがよいため、自ら企画し周りに相談しながらPDCAサイクルを迅速に回していけるのも当部門の特徴だと思います。

Message

「中小・小規模企業を本気で守りたい!」そういうクライアントファーストを体現できる方にぜひジョインしていただきたいですね。
また、事業立ち上げ期ですので、自分の企画が通りやすく、既得権益も一切ありません。チームプレーで一緒に成長していきましょう。

全員の気持ちが通じ合った瞬間、達成感とやりがいを感じます。