事業承継の4手法 メリットデメリット

  メリット デメリット
親族、従業員への承継 親族
  • オーナー家としての地位継続
  • 業務を円滑に承継できる
  • 個人保証を含め、リスクを引き継ぐ
  • 低廉譲渡の際の課税
  • 経営者としての能力に不安が残る
従業員
  • 業務を円滑に承継できる
  • 株式の買取資金が必要
  • 低廉譲渡の際の課税
  • 経営者としての能力に不安が残る
M&A
  • 創業者利潤最大化
  • 個人保証解除
  • 後継者問題の解決
  • より強い事業基盤での成長
  • 従業員の安定継続雇用
  • 株主でなくなる
  • 株式譲渡後も相応の引継期間が必要となる
株式上場
  • 経営と資本の分離
  • 株式の現金化が可能
  • 人材の採用、資金調達力の向上
  • 簡単に上場できない
  • 数年単位の時間を要する
清算・廃業
  • 創業者利潤の獲得
  • 引退の実現
  • 事業の中止(取引先への説明)
  • 全従業員の解雇、再就職先斡旋
  • 借入を全額返済できない可能性

それぞれメリット・デメリットがありますが、いずれかの手法で必ず取り組む必要があります

経営改善・再生支援サービス詳細はこちら

お電話でのお問い合わせは、フリーダイヤル:0120-37-4086(みんなフォーバル) 受付時間9:00〜18:00(土日祝日を除く)

  • 簡易株価無料診断
  • M&Aニーズ登録
  • メールでのお問い合わせはこちら
ページの一番上へ