H M&A実行支援|フォーバル事業承継

M&A実行支援

中小零細企業の友好的M&Aによる事業承継が増加しています。

中小零細企業の経営者様にとって、最も大きな経営判断となるのが「後継者を決めること」です。

しかしながら、インターネットの爆発的な普及による多様な価値観の出現や、少子高齢化がますます進むこの時代背景を鑑みると、会社の未来を担う後継者には、現在の経営者様が会社を切り盛りしてきた時代以上に『外部環境変化への対応力』が求められます。

そうした重圧から、たとえ会社の事業に理解のあるご子息を後継者として考えていたとしても、「会社を継ぐよりも家族のために今勤めている会社で、安定した生活を送りたい」と考え、事業承継できないケースが増えています。

また、親族以外の役員や従業員に継がせるにしても、引き継ぐ気持ちがあるにもかかわらず、保証債務の引き受けや株式買取資金の準備ができず、諦めてしまうケースも少なくありません。

こうした理由から、後をまかせられる人がいないために、60歳を越えてなお経営の第一線に留まらざるを得ないオーナー兼経営者様が多くいらっしゃるのが現状です。 一方、若い経営者様も後継者問題に直面する場合があります。若くして事業が軌道に乗り会社が成功し、会社(もしくは事業)を譲渡したい場合や、別の事業への転換を図りたい場合、いわゆる「アーリーリタイアメント」の場合にも同様の後継者問題が発生します。

このようにさまざまな経営課題を抱えている中小零細企業の経営者様にとって、M&Aは極めて有効な選択肢となります。

M&Aの進め方

M&Aの進め方 イメージ

M&A仕掛けプロジェクト

数年後に達成したい経営目標が明確な場合は、自前で成長する部分に加え、立ち上がっている会社を譲り受けることで、目標達成を確実なものとする企業が急激に増えてきております。「M&A仲介会社や銀行に譲受ニーズを伝えているが、なかなか紹介してくれない」「他社に先駆けて事業規模を拡大したい」「優良な会社と提携したい」といった経営者様には『M&A仕掛けプロジェクト』をお勧めします。

M&A要件定義(必要に応じて戦略策定・市場調査)
  • 成長戦略のヒアリング
  • 強み/結果の整理
  • 戦略確認/追加修正
  • 対象領域の検討
  • ターゲット企業の要件定義(規模、取引先、エリア等)
  • 市場調査

ターゲット企業リストアップ・絞込
  • 必要に応じて業界/市場調査の実施
  • ターゲット企業の要件を満たす企業リスト作成
    (ロングリスト)
  • ロングリストから20社程度に絞り込み
    (ショートリスト)
  • 打診用提案資料作成(両社のメリット等)

ターゲット企業へのアプローチ
  • 社名は非開示にして接触/訪問
  • 経営戦略、M&A方針、経営上のニーズや課題について
    ヒアリング
  • M&Aの具体的な提案に対する応諾可能性について評価

報告書の提出
  • プロジェクト全般に関する報告書の作成
  • 報告会の実施
  • 具体的なアクションに関する協議
  • 費用は100万円(税別)~です。どの部分まで対応させていただくかによって費用は異なります。
    ご希望の方は当社担当までお問い合わせください。

PMI支援サービス(M&A成立後の統合プロセス支援)

PMI100日パッケージとは

現在の日本では、社会全体としての少子高齢化とともに中小零細企業の経営者様の高年齢化が進んでいること、後継者への事業承継が困難であることから、株式譲渡・事業譲渡などによって会社の存続や成長につなげる動きが加速しています。

そうした背景から、当社では、中小零細企業を対象とした「PMI100日パッケージ」を開発いたしました。PMIとは「Post Merger Integration」の略で、M&A成立後に発生するさまざまなすり合わせ事項の確認と統合プロセスを意味します。これまで28社のグループ会社を傘下にし、グループ会社間のシナジーを追求してきた実践経験に基づいたPMIパッケージです。100日間(約3ヵ月間)で統合を行う流れを構築することで、スムーズかつリーズナブルなPMIを図ることができます。

PMI100日パッケージの対応領域

PMI100日パッケージでは、下図の領域を「企業としての在り方」から「具体的なやり方」までを含めたトータルソリューションで統合することで、より円滑な事業統合とシナジー発揮を図ります。

PMI統合パッケージの統合領域 イメージ

PMI100日パッケージのカリキュラム概要

企業規模や業種・業態により異なるものの、上図の統合領域の調査・分析から統合事項の確定・構築までを100日間で実施するカリキュラムとなります。

第1フェーズ 調査分析(1.5?2ヶ月)
調査分析を通して、相違点を明確にし、解決に向けた施策をご提案いたします。
第2フェーズ 統合プロジェクト(1?1.5ヶ月)
調査分析を元に具体的な統合事項の確定・構築を行い、運用準備を行います。
第3フェーズ 運用・定着(100日目以降?)
統合プロジェクトの決定事項に基づいて、実際の運用に向けた支援を行います。
※状況に応じてご提案

お電話でのお問い合わせは、フリーダイヤル:0120-37-4086(みんなフォーバル) 受付時間9:00?18:00(土日祝日を除く)

  • 簡易株価無料診断
  • M&Aニーズ登録
  • メールでのお問い合わせはこちら
ページの一番上へ